耳鼻科医求人ランキング【※希望の条件を実現】

耳鼻科医の医師の転職について

ストレス社会と言われる現代においては、医療による心のケアを求める人も年々増加傾向にあります。そういった背景から心療内科の医師も不足しがちな現状にあります。

心療内科の求人を探すならリクルートドクターズキャリアに登録して、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。ヒアリングを元に求人紹介を行うので条件に合った転職を実現できます。

耳鼻科医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
耳鼻科医として専門的なキャリアを積みたい方にお勧めの求人情報が多い
・地域ごとに求人情報がまとめられているため、耳鼻科医の転職を考えている方も見つけやすい
医師の転職支援実績が30年以上の実績があるので安心してサポートを任せられる



医師転職ドットコム ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・転職情報が充実しているため、耳鼻科医の高待遇の求人情報を見つけやすくチャンスがある
・幅広い転職情報の中から自分にマッチした転職情報を見つけることが出来る
3人に2人が決める好条件の非公開求人が豊富で、一般公開より光る求人が見つかる



エムスリーキャリア ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
給与や待遇などが恵まれた耳鼻科医の求人情報も多く、転職のときに役立てることが可能
将来のキャリアアップにつながる耳鼻科医の求人も多く、役立てることができる
医療業界に特化したコンサルタントが豊富で、活動を全面的にサポートしてくれる



耳鼻科医の転職事情のリアルは?

耳鼻咽頭科は、大規模な医療機関でも多くの医師を必要としませんので、求人はほかの科と比べると、少ないです。患者様の数も他の診療科目と比較すると多くはなく、耳鼻咽頭科の医師が退職する、各医療現場の体制の変更などが無いと求人案件が出されないケースが多いので、耳鼻咽頭医になりたいと考えているかたは、求人を見つけた時にはすぐに応募をしないといけません。求人は外来が中心となっているクリニック、個人病院の募集案件を、扁桃腺摘出手術や甲状腺の腫瘍手術などの設備が整っている中でオペをおこなう総合病院などがあります。当直勤務に関しては病棟がある医療機関のみでおこなっており、募集している医師像は、症例数や手術件数が豊富なかたであり、能力がないかたは採用されません。

アルバイトや非常勤医として働くこともできますが、ほかの科と違い、常勤医が約80%となっており、非常勤医を必要としていない病院やクリニックがほとんどですので、アルバイトや非常勤医として働こうと思っているかたは、難しい部分があります。一度転職に成功すれば、比較的安泰であり、落ち着いて働くことができる環境であることもあり、耳鼻咽頭医になりたいというかたは増加傾向にあります。資格を所得していないかたは、まずは資格を所得し、良い求人があった時には飛びつく位の気持ちが大事になります。

病院側が求めている人材は、一人でも勤務ができるかたです。耳鼻咽頭科は一人でお仕事をするケースが非常に多く、病院側も一人ですべての業務をできるかたが望ましいと思っています。突然耳鼻咽頭医が退職をした際には、応募者が殺到しますが、経験や能力はもちろん、これから先も一人で業務のすべてをおこなえるかということを聞かれるケースがあります。一人では不安ということを言えば大きなマイナスポイントになってしまいますので、注意してください。

転職先を探す際には、転職支援サイトを利用するのが一番です。数多くの求人を一気に見ることができ、求人同士の条件の比較などをしっかりおこなうことができるので、非常に便利です。また、キャリアコンサルタントのかたに転職に関することを相談することもできます。能力や希望を考慮した求人を紹介してくれるので、ご自身一人で転職活動をするよりも、よりよい転職先を見つけられる可能性が高くなります。これから転職活動をしようと思っているかたは、ぜひ、利用し、良い転職にしてください。

耳鼻科医の転職先で人気なのは?

医師にとって、転職は自分自身のスキルアップもしくはキャリアアップには欠かせないステップと考えられています。もちろん耳鼻科医にとっても例外ではありません。毎年、耳鼻科医の人数は微増しています。しかし現実には他の診療科目の医師同様に、耳鼻科医の人数も十分に足りているとはいえない状況です。また日本全体で高齢化が進むことによって、今後も耳鼻科医の需要は増加傾向にあると考えられています。そのため、耳鼻科医が転職する際にもいくつかの選択肢があります。

耳鼻科医の中でもスキルアップを念頭に考えた際に人気のある転職先は比較的大きな総合病院でしょう。やはり患者の診察数や症例数、手術の頻度などは大学病院や民間病院でも大規模な病院の方が断然多くなります。耳鼻科医としての知識やスキルを向上させるためには非常に恵まれた環境で働くことができます。最先端の医療機器や経験豊富や先生と働くことによって多くの事柄を学ぶことができます。ただしクリニックなどに比べると仕事量が多かったり、当直があることは否めません。将来的に耳鼻科医として開業することを目指す場合には、若い段階で多くの症例をこなすことも糧になります。

最近ではプライベートと仕事のバランスを取りやすいということで、クリニックに転職希望する耳鼻科医も増えています。大規模な総合病院とは違って、手術や先端医療に関わる機会は減り、外来中心とした業務内容です。クリニックの特徴として、当直や急患などがないので生活スタイルを安定させることができます。一方で冬の風邪が流行る時期、春先の花粉症が流行る時期には患者数が急激に増加するため、繁忙期となります。また分院長として勤務するチャンスもあるため、将来開業することを目指している耳鼻科医にとっては医療だけでなく、経営方法などを学ぶ機会ともなります。

年収アップを考えて転職する耳鼻科医にとっては、開業医になる選択肢も人気があります。やはり開業医として自分でクリニックを経営することによって、年収は勤務医と比べても大きく異なります。また自分の生活スタイルをしっかりと確立することもできるため、身体的、精神的にもストレスを溜めることなく勤務できます。しかし耳鼻科医院を開業するためには、初期投資として数千万円単位の資金が必要です。収入が大幅にアップしても、投資資金の返済にも充てる必要があります。耳鼻科医としてのスキルだけでなく、経営者としての手腕も求められるでしょう。


Copyright (C) 2015-2017 耳鼻科医求人ランキング【※希望の条件を実現】 All Rights Reserved.