耳鼻科医の当直事情は?

耳鼻科医求人TOP >> FAQ >> 耳鼻科医の当直事情は?

耳鼻科医の当直事情は?

医師として働く場合に大事なのはやはりどういった職場で働くかということではないでしょうか。医師の仕事というのは基本的にはどの職業も多忙とされています。通常の業務はもちろんですが、当直などもあるので休みがなかなか取れないと思っている方も多いのではないでしょうか。耳鼻科医というのは他の医師と比べると当直というのは少ないとされています。しかし、当然ながら働く場所によってこういった事情はかなり変わってくるのです。

仕事量というのは働く場所によって大きく違ってくるものです。大学病院などのように大きな病院の場合、耳鼻科医などでも当直や残業というのは当たり前にあります。もちろんその分年収などは高くなるのですが、必ずしも年収が高いほうがいいというわけではありませんよね。プライベートなどの時間も大切にしたいと考えている人にとっては少し年収が下がっても仕事量が少ない場所を求めているという人は多いと思います。

当直がない耳鼻科医の求人も全体的には多いですが、若い医師の方であれば基本的に当力はどの科でも持ち回りで対応することになってしまうため、避けられないところがあります。また、当直になると、耳鼻科以外の科のことも対応しなければならない場合もありますので、転職するときにその点は事前に確認をしておくことをお勧めいたします。

そういったときに大事なのは当直や残業などがない職場への転職ということなのです。転職サイトというのはインターネットから簡単に利用することができるようになっています。公開求人はもちろんのこと、非公開求人なども見つけることができるようになっているので、まずはこうした方法で自分に合った求人をしっかりとみつけるということがポイントになるというわけです。この方法ならば仕事量が少なく年収はある程度高い職場選びも可能になります。

当直は、給与条件だけではなく、働く上での精神的、肉体的な大きな負担となりやすいので、なるべく全体的な負担を少なくできるように配慮しておくことがお勧めです。余計な負担を大きくしてしまうと、それが原因でせっかくの仕事もミスマッチに終わってしまう可能性があります。なるべく精神的な負担が少なくなるように、無理のない範囲で仕事が出来るようにしておくことで、次の転職先も有意義に働くことが可能です。無理なく確実に働く、という観点からしても、納得できる条件で転職を進めることをお勧めいたします。

耳鼻科医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 耳鼻科医求人ランキング【※希望の条件を実現】 All Rights Reserved.