土日休みの耳鼻科医求人

耳鼻科医求人TOP >> 条件別の耳鼻科医求人 >> 土日休み

土日休みの耳鼻科医求人

耳鼻科医は診療科目別に見ると医師数が多い科目です。しかし近年の高齢化社会などに伴って十分に耳鼻科医が足りているとは言えない状況です。そのため他の診療科目同様に忙しいスケジュールで1週間働いています。もちろん休みも必要ですが、勤務形態によっては自分の希望する曜日に休めないことも珍しくはありません。

大学病院や総合病院で働く勤務医にとっては、毎週末土日休みという転職先はほぼ皆無でしょう。週5日で勤務して2日は休めることもありますが、土日連休というのは難しいのが現実です。耳鼻科医としての勤務は外来診察をはじめ、手術、入院患者の診察、研究、次の学会への準備など非常に多忙です。更に自分のスキルアップのために外部の勉強会などにも参加する耳鼻科医もいます。外来診察をしていない週末は休めると思われがちですが、実際に休めるのはつかの間です。休みの日には収入を増やすため、もしくは系列の病院からの依頼などで当直のアルバイトをすることもあります。こうなると1週間の中で丸1日休める曜日はないこともあります。耳鼻科医にとして勤務を始めたばかりであれば、休みの日でも研究に充てる必要があるため、最初の数年間はゆっくりと週末を楽しめる余裕もないでしょう。

土日は休みの病院に転職希望する場合には、大学病院や総合病院ではなく土日休日のクリニックを探してみましょう。クリニックであれば、大学病院などに比べても患者数が少なく地域密着型で経営していることも多いので、プライベートの時間を取り分けることも難しくありません。ただしクリニックにとっても週末の土日は週中に仕事で通院できない患者のために診察をすることがあります。さらに春先など花粉症が流行する時期は耳鼻科は繁忙期になります。いつも以上に忙しくなるため、通常は土日休みの勤務形態であっても必要に応じて出勤を余儀なくされる可能性があります。

開業医として自分で耳鼻科医院を経営するなら、土日を完全休みにできます。もちろん耳鼻科医になってすぐに開業することは医師としての知識や資金面でも難しいため、数年は寝る間を惜しんで勉強したり勤務することも必要です。開業医として勤務すると、自分のスケジュールに合わせて休みを取ることもできますが、患者の診察数が経営に直接影響します。上述したように、クリニックなどにとっての土日は、普段通院できない患者を診察するための曜日でもあります。休みと経営との上手なバランスが求められるでしょう。

耳鼻科医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 耳鼻科医求人ランキング【※希望の条件を実現】 All Rights Reserved.