大学病院の耳鼻科医求人

耳鼻科医求人TOP >> 条件別の耳鼻科医求人 >> 大学病院

大学病院の耳鼻科医求人

耳鼻科医が大学病院へ転職することはそれほど簡単ではないでしょう。もともと耳鼻科医の求人募集の件数は他の診療科目よりも少ない傾向にあります。大規模な民間病院であっても、常勤医は定員1名程度というケースも珍しくありません。そのため求人数はこの数年横ばいの状態が続いています。大学病院の耳鼻科で勤務したい場合には、医学部で学びそのまま大学病院の医局に所属するのが一般的なスタイルになるでしょう。

大学病院で働くことの大きなメリットは関われる症例数や手術、最新の医療機器の取り扱いなどにも精通できることです。とりわけ有名な教授がいる大学病院であれば、全国各地から患者さんが集まります。小中規模の民間病院では関わることがないような症例も数多く見られるでしょう。それによって、耳鼻科医としての知識やスキルも着実に成長させることができる強みがあります。将来開業医となることを目標にする耳鼻科医にとっては理想的な環境とも言えるでしょう。有名な大学病院であれば、年間に行う手術件数は1000件近くに上るため、耳鼻科医としての経験値を積むためには非常に恵まれた職場環境となります。この数年、大学病院では耳鼻咽喉科だけではなく、頭頸部外科も診療する耳鼻咽喉科・頭頸部外科を設けている病院も多くなっています。もし今後、民間病院から大学病院への転職を希望しているのであれば、耳鼻科だけの知識を取り入れるのではなく、幅広く頭頸部外科についても学んでおくことでチャンスが広がります。

大学病院に勤める耳鼻科医の平均年収は約1000〜1200万円程度で推移しています。開業医や民間病院で働く耳鼻科医と比較すると若干低くなります。もちろん医局員から講師や医局長、助教授、教授など役職に就くにしたがって年収もアップします。また経験を積むことで年収もアップするので、ある程度年功序列と考えることができます。大学病院に関する求人募集も他の耳鼻科医に関する求人募集と同様に、首都圏や大都市部の方が地方都市よりも頻繁に見かけます。こまめに大学病院で耳鼻科医が募集されていなかを確認する必要があります。

年収という条件だけで考えると、民間病院やクリニックであっても同程度の年収を稼げるケースもありますし、それ以上ということもあります。ただし先述したように大学病院で積む経験は他の病院とは異なるため、耳鼻科医としての経験と知識、スキルを培って将来開業することを考えている医師にとっては人気のある転職先となっています。

耳鼻科医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 耳鼻科医求人ランキング【※希望の条件を実現】 All Rights Reserved.