激務でない耳鼻科医求人

耳鼻科医求人TOP >> 条件別の耳鼻科医求人 >> 激務でない

激務でない耳鼻科医求人

医師=激務と考えられる職業です。しかし耳鼻科医の場合は、そこまでの激務が強いられる職場環境は少ないでしょう。もちろん耳鼻科であっても救急や手術などがありますが、他の診療科目、麻酔科や産婦人科などと比較するとそれほど激務ではありません。そのため、産休や育休でブランクがある女医であっても非常勤務として職場に復帰することも珍しくありません。定時で終業することも非常勤務であれば難しくはないでしょう。

大学病院や総合病院の耳鼻科で働いている場合、基本的には日勤で働くことになります。時々当直に入ることもありますが、他の診療科目よりも頻度は少ない傾向です。耳鼻科医の業務は外来での診察や治療で、病院の規模や医療設備によっては手術なども行います。もしも手術や先端医療機器を使った治療にも精通したい場合には、どのような治療に携われるのかなども予め調査しておく必要があるでしょう。1日の診察時間が終了すると、その日の業務内容をまとめたり、必要とされる医療機器や薬品などを発注する業務もあります。また医師としての研究や学会のために資料を作成したりする必要もあります。そうした業務も全て踏まえて考えると、激務ではないとはいえ医療に関わる時間は長くなるでしょう。

非常勤として働いている場合には、通常それほど忙しくなくても季節によっては残業があったり、休憩時間が取れないこともあります。例えば、インフルエンザや風邪が流行する秋や冬は、耳鼻咽喉科で働いている医師にとっては忙しくなる時期です。それに続く春先は花粉症が猛威を振るいます。日本中どこにいても、花粉症で悩む患者さんは少なくないので、この時期も耳鼻科医にとっては忙しくなるでしょう。

耳鼻科医として活躍している医師のうち半数以上は開業医として自分のクリニックを経営しています。開業していれば、自分の好きな時に休めるのではないかとお考えかもしれませんが、医師としての仕事の他にも経営者としての仕事もあるため収入が増える半面、民間病院などの勤務医のころに比べると業務内容は幅広く忙しくなります。勤務医の時には医局に所属することで、必要とする情報や最新の医療情報にも精通できますが、開業してからは自分で様々な情報を収集したり、学会に出席してコネクションを広げる必要もあります。こうしたことを考えると、耳鼻科医として激務になる可能性が高いのは勤務医ではなく開業医といえるでしょう。

耳鼻科医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 耳鼻科医求人ランキング【※希望の条件を実現】 All Rights Reserved.