救急の耳鼻科医求人

耳鼻科医求人TOP >> 条件別の耳鼻科医求人 >> 救急

救急の耳鼻科医求人

救急医療専門に携わる耳鼻科医としての求人情報は余り多くありません。耳鼻科の救急医療については、各都道府県や自治体で救急外来を行う病院が当番制で決められています。一定期間は救急患者を受け入れるものの、当番が終わると通常の外来診療がメインとなる業務です。そのため、耳鼻科医は他の診療科目とは違い当直やオンコールが少ない診療科目とされています。その分、多少年収が落ちたとしても、仕事とプライベートをしっかりと分けたいと考える医師は耳鼻科を選択する傾向があります。

救急医療にも関わることで、耳鼻科医としての経験値やスキルアップにつながります。それで若い耳鼻科医の中にはあえて救急医療を募集している病院へ就職・転職を考えるケースもあります。耳鼻科の救急医療に対応している病院は地方よりも都心部がほとんどです。都心部で新しく開院する大規模な総合病院などでは、救急にも対応できる耳鼻科医を求人募集している場合があります。経験年数やスキルが求められることもあるため、耳鼻科医としての経験を積んでおくことが必要です。またスポット求人であれば大学病院などでも募集される可能性があります。常勤医であれば救急に対応するために当直をすることになるため、年収は一般的な耳鼻科医よりも高くなります。都心部であれば1300〜1800万円程度が相場です。

耳鼻科医の救急求人が少ない理由には、他の診療科目に比べると耳鼻科でなければ対応できない救急患者が少ないためです。他の診療科目のように、緊急で手術をしなければいけないケースも稀です。耳鼻科が関係する救急患者としては、幼児の中耳炎や大人であれば眩暈などがあります。専門は耳鼻科になりますが、救急で運ばれた場合には外科医や内科医が対応することも可能です。そのためあえてお金を払って、耳鼻科医も救急患者に備えて当直してもらう病院は多くないのでしょう。

また耳鼻科医は勤務医よりも開業医が多い診療科目です。救急医療に関係する大規模な民間病院で夜遅くまで勤務するよりも、自分でクリニックを開業する方が年収も高くなります。開業医として活躍している耳鼻科医の中には、スポット求人として耳鼻科医の当直などを行う医師もいます。しかし先述したように、全体的に見ても耳鼻科医の当直や救急の求人募集は少ないため自分で見つけるのは簡単ではないでしょう。以前に勤めていた病院や大学病院の教授からの紹介などで見つける方法もあります。

耳鼻科医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 耳鼻科医求人ランキング【※希望の条件を実現】 All Rights Reserved.