クリニックの耳鼻科医求人

耳鼻科医求人TOP >> 条件別の耳鼻科医求人 >> クリニック

クリニックの耳鼻科医求人

耳鼻科医は他の診療科目に比べると忙しくないと思われますが、やはり大学病院や大規模な民間病院であれば、手術や当直などはあります。加えて学会への出席や自分の研究など、やはり医師という職業ゆえの忙しさに追われる日常です。プライベートを重視したい耳鼻科医が転職を希望する先として多いのがクリニックです。個人経営のため、勤務医であっても融通がきく傾向があります。そのため産休や育休で長期間のブランクがある耳鼻科医であったとしても、クリニックでまた働き始めるケースも多くみられます。

クリニックで働くことで、耳鼻科医としての知識とスキルアップに加えて、経営者としてのノウハウを学ぶことも可能です。耳鼻科医院開業を目指している医師にとっては、医学的スキルを身に着けることはもちろん大切ですが、それに加えて経営者としてのスキルも必要とされます。複数のクリニックを経営している場合には分院の院長として働くチャンスもあるので、実際に自分でクリニックを開業した際のイメージを掴んだり、マネジメントについても詳しく学べます。

耳鼻科医の求人件数はこの数年横ばいが続き、他の診療科目よりも少ない傾向がみられます。また地方都市よりも都市部での求人募集が多いです。クリニックの求人募集についても同様のことが言えるでしょう。地方で開業するよりも、人口が密集している都心部でクリニックを開業することで経営もうまくいきます。そのためクリニックへの転職を希望する場合には、都心部を中心に探すことが一つの方法です。また大学病院などとは異なり、業務内容は専ら診察外来になります。手術や様々な症例に関わって知識やスキルアップを考えている耳鼻科医にとっては、クリニックへの転職は余り魅力的ではないでしょう。またプライベートが充実しやすいクリニックへの転職ですが、インフルエンザが蔓延する冬や花粉症が流行る春先などは忙しくなります。クリニックであっても土日診療や残業する可能性はあります。

クリニックへの転職を成功させるためには、耳鼻科医としての専門分野を高めておくことです。耳鼻科医は一般的に耳鼻咽喉科医として活躍します。耳鼻咽喉科の専門分野、研究範囲は広いので、自分が興味をもちながら、今後も需要が高まる分野を選ぶことが勧められています。専門分野があることで、転職にも有利になりますし、自分でクリニックを開業する際にも活躍の幅を広げるきっかけになります。

耳鼻科医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 耳鼻科医求人ランキング【※希望の条件を実現】 All Rights Reserved.